研究道場特別講義 「「可逆操作の高次化における階層-段階理論」に基づく青年期の発達保障」

テーマ
「可逆操作の高次化における階層-段階理論」に基づく青年期の発達保障
講師
西垣 順子 (大阪府立大学大学教育研究センター准教授)
日時
2014年7月28日(月)13:00~15:00
場所
発達科学部 大会議室(A棟2階)
概要
西垣氏のご専門は心理学であり,「「可逆操作の高次化における階層-段階理論」に基づく大学生の発達」(2014),「教養教育の到達目標に関する検討-「可逆操作の高次化における階層-段階理論」による青年期の発達保障の観点から」(2014予定)などを発表している。同理論を提起した田中昌人は乳幼児期~児童期に関しては多くを語っているが,思春期・青年期・成人期に関しては断片的にしか触れていない。彼が残したわずかの手がかりから青年期の発達をどう理解し,発達保障を展望するのかを探る。
担当
渡部 昭男
備考
特になし。



関連情報