連続講座2020「2020年度健康体操教室」開催報告

新型コロナウイルス感染拡大のために,2020年度は当センターとして例年開催してきた,ウォーキング教室や園芸教室等のイベントを実施することができませんでした。コロナ禍で,大小問わず様々なイベントが中止になる中,夏頃から,高齢者の体力や認知機能の低下など,健康状態の悪化について,地域や身近な人から情報が寄せられることが増えてきました。この状況を憂慮し,①コロナ疲れからの心身のリフレッシュ,②効果的な運動実施と運動習慣の形成,③コロナ禍における安全な運動環境とコミュニケーションの場の設定,という3つを踏まえ,イベント終了後も個人や仲間同士で適度な運動を楽しく続けられることを最大の目的として,5回連続講座の「健康体操教室」を神戸大学大学院人間発達環境学研究科学術研究員,1級ラジオ体操指導士の当山倫子先生主導のもと,開催いたしました。

1回目(11月20日)は,30名の方が参加されました。当山先生より,コロナ感染予防対策に関することや,肉体的・精神的に負担を感じる時は,無理せずいつでも休憩するよう注意事項が伝えられ,みんなの体操の全動作(8個)のポイントを解説していただきました。30分の内容は,①ウォーミングアップ,②みんなの体操(メイン),③ラジオ体操第1,④筋トレ(スクワット),⑤ウォーキング,です。

2回目(11月24日)は,46名の方が参加されました。30分の内容は,①ウォーミングアップ,②みんなの体操,③ラジオ体操第1(メイン)④筋トレ(バランス),⑤ウォーキング,です。ラジオ体操第1の中から,背伸びの運動,腕を振って足を曲げ伸ばす運動,腕を回す運動,の3つの動作について当山先生より説明をしていただき,練習を行いました。

11月24日付けで,兵庫県のHPにおいて,「高齢者,基礎疾患のある方は,不要不急の外出を自粛してください」との呼びかけがされたことをうけて,今回の当センターで企画したイベント内容は,コロナ禍における心身のリフレッシュや健康維持を目的とし,屋外での実施の上,感染予防対策を徹底したものであるが,同時間帯に人を集めて行うイベント事はこの状況下において実施すべきではない,と判断し,11月25日付で,中止を決定,残り3回の教室開催を中止といたしました。

健康体操教室実施後のアンケート調査と,聞き取り調査では,「テレビでみんなの体操をすることもありますが,今日,目の前でアドバイスを受けながらしていると,とても体に効いていくことがよくわかりました。これからするのに要所々々の動きに気を付けていきます。スッキリしました。」,「毎日でもつづけたい」,「普段はどこにも行かずひきこもりなので,今回の体操がとても有難かった。また次楽しみにしています。」などの声が多く寄せられ,参加者の満足度はとても高いことがわかりました。新型コロナウイルス感染の状況が落ち着いてきたら,今回の中止分も含めて,再び開催していきたいと考えています。

ウォーミングアップ みんなの体操