教員情報(OHTA Misako)

氏名・職名 大田 美佐子(おおた みさこ,OHTA Misako)准教授
メールアドレス misaohta [at] kobe-u.ac.jp
取得学位 Ph.D. (University of Vienna)
研究分野 音楽文化史,音楽美学
[学部] 所属 人間表現学科 表現文化論コース, 人間表現論コース
研究テーマ

文化史的,あるいは越境的な視点から,今現在の文化との関わりを踏まえて,舞台表現や音楽文化の歴史を研究しています。

[大学院] 所属 [博士課程前期課程] 人間発達専攻 表現系講座
[博士課程後期課程] 人間発達専攻 表現系講座
[(旧)博士課程前期課程] 人間表現専攻 表現文化論コース
[(旧)博士課程後期課程] 人間表現専攻 表現文化論分野
研究テーマ

音楽文化史(特に音楽・音楽劇における伝統の継承と展開、受容の問題),および音楽を通じた異文化交流史について研究しています。

研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト
研究室紹介 自分の歴史意識を見つめ直し,新たなコンテクストから音楽表現を捉え直す

現代はリアルなコミュニケーションが希薄な時代といわれています。古今東西,音楽は人々の交流の場を生み出してきましたが,なかでも近現代のヨーロッパの都市で,舞台芸術は貴重な対話の機会を提供してきました。演者のみならず聴衆も地域の舞台の発展に関心をもち,作品や演奏家や演出を論評しあうことで文化を育ててきたともいえます。そのような舞台芸術の研究に必要なものは何でしょうか。楽譜や台本は基本的な資料ですが,公演で変更されることもあり,完結したものではありません。舞台芸術の研究では,自分自身を歴史の流れに含めたうえで,歴史意識,時間意識をもって舞台の現場にじっくり向き合うことが重要です。「学問とは日々を自覚的に生きることに他ならない」とは,西洋中世史の碩学阿部謹也氏の言葉ですが,このゼミでは演奏会や舞台鑑賞を重要な「フィールドワーク」と位置づけ,文献講読だけではなく「生きた歴史に触れながら考える」をモットーに研究を進めていきます。

研究最前線 「耳」を傾けて歴史と繋がる - 対話的音楽文化史の試み -

「音楽は見えない」。音は「見えない」けれど,何世紀も前の音楽から私たちはメッセージを受け取り,その時代の思考を聴き,時代の空気を感じとっています。音楽学という学問の根底に,目に見えないもの,時とともに移ろいゆくものに耳を傾け,それを言葉で伝えるというシンプルな使命を感じています。
 現在は,卒業論文から継続して追ってきた亡命作曲家,クルト・ヴァイルのオペラ,ミュージカルなど多様な音楽劇作品の研究を本にまとめる一方で,ここ数年はヴァイル研究での「亡命・越境」的観点からの発展として「越境的・対話的音楽文化史」の分野を開拓し,ハーバード大学のキャロル・J.オージャ教授との共同研究を行ってきました。そこでは,異なる文化や社会的背景の共有という視点から,占領期や戦後の音楽文化史を調査・研究しています。2019 年には,オージャ教授ら四人の共同執筆で,専門誌「American Music 」より「Marian Anderson’s 1953 Concert Tour of Japan: A Transnational History」を英語と日本語で発表しました。この研究は1953 年に来日したアフリカ系アメリカ人のコントラルトの歌手,マリアン・アンダーソンが,占領期からポスト占領期にかけて,対日文化政策にどのようなインパクトをもたらしたのかという問題を考察し,人種やその政治性,ジェンダーバイアス,音楽批評と異文化交流といった側面を考慮して,来日の背景と反響,そのレガシーを多角的に調査したものです。このテーマは,日米のトランスナショナルなテーマであると同時に,グローバル市場におけるクラシック音楽の展開という視点でも重要です。研究方法に関しても,同じ資料に対するまったく異なる見解を,複眼的にどのようにまとめていくのか,おのおのの文化的コンテクストに照らし合わせた時にもたらされる新しい視点をどのように記述するのか。その問題を歴史記述のなかで考えていくことが,越境的・対話的音楽文化史の方法であり,それは,再生であり創造である舞台・演奏芸術にも大きなインパクトを持つ方法だと考えています。